COPYRIGHT © NISSAN SATIO NARA ALL RIGHTS RESERVED.
仕事内容を知る

先輩社員インタビュー

テクニカルスタッフ(整備士)

日産サティオ奈良 郡山支店
テクニカルスタッフ 安川 聖治

Q.入社のきっかけは?

A.子供の頃から親が日産の車に乗っていたことと、自分自身もスカイラインがかっこいいと思っていました。日産の自動車大学校に行き、就職先を探す時は、奈良県の地元の中で選びました。日産サティオ奈良は説明会で雰囲気がよく、働いている人が生き生きとしていたので、この会社で働きたいと決めました。入社してからは、サービススタッフでも、バッテリーや添加剤などを販売すると、給与に反映する社内制度がとても自分に合っていて、頑張った分評価されるのでとても魅力的です。

Q.仕事のやりがいを感じる瞬間はありますか?

A.修理や点検のあとにお客様に引渡しをする時に、「ありがとう」と言われるととても達成感があります。あとは、最新のドラレコを取付けるなど、自分のしたことがない作業をしたり、エンジン不調など難しい修理をすると、やりがいを感じます。

頑張った分評価される社内体制が○

Q.日産サティオ奈良に入社して良かったと思うことはありますか?

A.先輩が優しいことです。仕事のこともプライベートのことも色々と相談に乗ってもらっています。休みの日にバーベキューに行ったり、冬はスノーボードに行ったりもしています。あと、今のお店はとてもキレイなので、ここで働けるのも嬉しいです。汚さないように掃除は大変ですが・・・

Q.今後の目標を聞かせてください。

A.資格を取るために会社が教本や過去問を用意してくれています。働きながらなので大変ですが、一つでも多く資格を取りたいです。
仕事面では、工場長に憧れています。一緒に働いている工場長は、知識も技術もある人なので、自分も早く近づきたいです。今は、分からないことがあれば、工場長に聞いてますが、いつかは自分だけで解決できて、後輩から質問されるような人になりたいです。後輩から憧れるような人になれるように、自分も知識や技術を身に着けれるよう頑張ります。

Q.就活生にメッセージをお願いします。

A.私の学生時代は、整備学校で得意なことばかり勉強してしまっていました。実際に働いてみると、整備は幅広い知識が必要になります。不得意なことを極力なくすように、基礎をしっかりと学びましょう。きちんとメカの仕組みなどを理解していないと、修理に時間がかかってしまいます。しっかりした目標を立てて不得意をなくして、きちんと勉強しましょう!

日産サティオ奈良 橿原支店
テクニカルスタッフ 大垣 綾三

Q.入社のきっかけは?

A.高校生のときに資格が必要な仕事に就こうと思い、数ある仕事の中から自動車整備の仕事を選びました。奈良の地元で働きたいと思っていたので、県内のディーラーの説明会に行ったところ、日産サティオ奈良の担当者さんが、「技術を早く覚えたいなら日産サティオ奈良がいいよ」と言われ、入社することを決めました。実際に入社して、確かに色々な整備を任せてもらえるので、専門学校のときの同級生と比べても沢山経験をしていると思います。

Q.仕事のやりがいを感じる瞬間はありますか?

A.最近ようやく仕事に余裕が出てきて、お客様が話してくださる症状を聞いて、ここが悪いのかな?と想像できるようになり修理して、引渡のときにお客様に喜んでもらえるのが嬉しいです。

経験値が増えるのが実感できます

Q.日産サティオ奈良に入社して良かったと思うことはありますか?

A.色々な整備や修理を任せてもらえるので、技術が早く身につくと思えます。これからも電気自動車などタイプの違う車が発売されると思うので、しっかりと技術を覚えていきたいです。資格のほうも早く検査員になれるよう勉強をして、自分のスキルを上げていきたいです。

Q.就活生にメッセージをお願いします。

A.私は、元々地元で就職しようと決めていたので、色々な会社の説明会は出席しませんでした。今思い返すと、地元で探すとかこだわりを一旦捨てて、色々な会社を見てみることもいい経験だと思います。
今、整備を学んでいる学生さんは、先生にもっと現場で役に立つ情報、実践的な技術を質問した方がいいです。先生方は、元々ディーラーの現場で働いていた方達なので、いっぱい教わることがあると思います。私ももっと先生に質問すれば良かったと後悔しています。